相鉄線 瀬谷駅 徒歩1分 安心を大切に! 目のホームドクター

お子様からご年配の患者様まで、
目のホームドクターとして、
安心出来る治療を心掛けています。

診療時間表

 
9:00~12:00
15:00~18:15

【休診日】日曜・祝日 ※水曜は手術日となります。
▲土曜午後14:00~16:00

  • 伊勢ノ海眼科
  • 瀬谷駅南口 徒歩1分
  • -電話番号-
  • tel.045-459-6801
  • 横浜市瀬谷区瀬谷 4-5-10リアン瀬谷2階
  • 車椅子の入るエレベーターがございます
 
9:00~12:00
15:00~18:15

【休診日】日曜・祝日 ※水曜は手術日となります。
▲土曜午後14:00~16:00

緑内障

緑内障

緑内障は、眼圧の影響で眼球の奥にある視神経乳頭部に障害を起こし、視野が狭くなる病気です。

障害を起こした視神経は回復しないので、治療に成功しても現状を少しでも維持するにとどまります。
また、緑内障を放置すると失明に至る場合もあります。
早期発見・早期治療が大切です。
早期に発見して治療を継続すれば、失明することはめったにありません、早期治療によって出来る限り病気の進行速度を遅くさせることが大切です。

緑内障のイメージ

緑内障は、40歳以上では約20人に1人(有病率5%)の方がかかっていると言われています。
初期では自覚症状が乏しく、人間ドックによって見つかるケースも多く見受けられます。

早期発見、早期治療が大切な病気なので、40歳前後になったら一度緑内障検査をおすすめします。
特に、緑内障を患っているご家族がいる方、近視が強い方は要注意です。

緑内障検査は視野検査で視野に見えづらい部分が無いか測定します。
この検査によって日常生活では気が付かない様な小さな視野異常を検出する事が出来ます。

早期発見・早期治療に非常に有用な検査です。

また最近では光干渉断層計(OCT)と言う機械があり緑内障の早期発見にとても有用です。
当院でも視野検査・光干渉断層計検査が受けられます。

緑内障の進行について

緑内障の進行のイメージ

初期

目の中心をややはずれたところに暗点(見えない点)ができますが、ご自身で異常に気がつくことは殆どありません。

中期

暗点が拡大し、視野の欠損(見えない視野)が広がり始めます。
しかし、この段階でも片方の目によって補われるため、異常に気がつかないこともあります。

末期

視野(見える範囲)が更に狭くなり、視力も悪くなって、日常生活にも支障をきたすようになります。
また、更に放置すると失明に至る危険があります。

緑内障の治療方法

薬による治療

眼圧を下降させる事で、視野障害の進行を遅らせていく治療です。

まずは、1剤の点眼薬から眼圧のコントロール(眼圧の値を下げる)を開始します。
視野障害が進行したり、眼圧のコントロールが不十分な場合は、多剤を併用することがあります。
それでも眼圧のコントロールが不十分な場合は内服薬を併用することもあります。

レーザー治療:虹彩切開術

緑内障のなかでも閉塞隅角緑内障に対しては、レーザー治療か白内障手術を行います。

どちらが適切な治療かは白内障の状態や角膜の状態で判断します。
患者様の生活背景を考慮したうえで、患者様1人1人の意向を十分に聞きながら適切な治療法をアドバイスさせていただきます。

手術による治療

薬物治療で眼圧が下がらない場合、手術を行う事で、さらなる眼圧下降を目指します。

医院概要

所在地
  • 〒246-0031
    横浜市瀬谷区瀬谷 4-5-10リアン瀬谷2階
  • ★駐車場有り
  • ★車椅子の入るエレベーターがございます
  • ★駐車場有り
電話番号
tel.045-459-6801 tel.045-459-6801
診療時間
 
9:00~12:00
15:00~18:15

【休診日】日曜・祝日
▲土曜午後14:00~16:00 ※水曜は手術日となります。

瀬谷駅南口 徒歩1分

PAGE TOP